薄毛で悩んでいるのは男性が多いというイメージがありますが、
最近では女性でも薄毛に悩んでいる人が増えてきています。
女性は男性に比べて頭皮が乾燥しやすいので頭皮環境が悪化して
抜け毛が増えてきてしまう事もあります。

またホルモンバランスが乱れる事で髪の毛に必要な成分と言われている
女性ホルモンの分泌量も減ってきてしまうのも女性の薄毛の原因になっています。
女性の場合は男性に比べて頭皮がデリケートになっているので
薄毛治療を受ける時は発毛クリニックに通うのがオススメです。
そこで女性に最適な発毛クリニックでの薄毛治療を紹介していく事にしましょう。

こちらのサイトも参考になります。⇒ 京都で発毛なら岡田佳子医院「メンズクリニック」

内服薬治療

女性が発毛クリニックで薄毛治療を受ける時に
まず提案されるのが内服薬での治療になります。
男性の場合は内服薬の中でも強いミノキシジルタブレットなどが
処方される事が多いですが、副作用が出る事が多いので
女性の薄毛治療で使用するのはリスクが高過ぎます。
女性が薄毛治療をする時に服用する内服薬は副作用が出る事も考慮していく必要があるので
頭皮な髪の毛に必要な栄養素を補給して頭皮環境を整える効果が期待出来る
パントガールなどが処方される事が多いです。

外用薬治療

女性で薄毛が進行している時は内服薬だけでは対応していく事が出来ないので
発毛クリニックでは外用薬治療も併用して行っていきます。
男性の場合はミノキシジルが配合されているリアップなどを使用する事が多いですが、
女性の場合は刺激が強過ぎるので低刺激の外用薬を使用していきます。
女性でもジビドロテストステロンが生成されて抜け毛が増えてしまう事もあるので
ジビドロテストステロンの生成を抑制する効果があるプロペシアのような成分が
配合されているパントスチンなどが処方される事が多いです。
低刺激なので基本的に副作用が出る事はありませんが、
アレルギー体質で頭皮が弱い女性が使用すると少し痒みが出てしまう可能出があります。

発毛メソセラピー

女性が発毛クリニックで薄毛治療を受ける場合は
内服薬治療と外用薬治療が主流になっていますが、
最近では発毛メソセラピーを取り入れている発毛クリニックが増えてきています。
発毛メソセラピーは頭皮が見えるぐらいに薄くなっている部分に注射を刺して
薄毛治療に効果的な有効成分を注入していきます。
有効成分を頭皮に直接注入するので効果が出るのも早くて早期の薄毛改善が期待出来ます。

女性が発毛クリニックで発毛メソセラピーで薄毛治療を受ける時は
1ヶ月ごとで10回前後有効成分を頭皮に直接注入しています。
頭皮を切開するわけでもないので副作用が出る事もほとんどなく
安全性の高い薄毛治療法になります。
最近では発毛メソセラピーで薄毛治療をしたいという女性も多いです。

自毛植毛

女性が発毛クリニックで内服薬治療、外用薬治療、発毛メソセラピーなどで
薄毛治療を受けて効果が出なかった時は自毛植毛を提案される事があります。
自毛植毛は自分の髪の毛を採取して薄毛になっている部位に
髪の毛を移植するという薄毛治療法になります。
薄毛が広範囲に渡っている時はメスを使用するFUT法で行う必要がありますが、
症状が軽い時はメスを使用しないFUE法で薄毛治療を受ける事が出来ます。
自毛植毛の方法も進化してきているので頭皮に負担をかけないで
薄毛治療を行っていく事も可能になっています。
発毛クリニックで女性に最適な薄毛治療法はこのようにあるので
カウンセリングを受けている時に担当の医師と相談して
自分の頭皮の状態に合った治療方法を提案してもらいましょう。

また発毛クリニックでは薄毛治療だけでなく
薄毛に関する悩み事の相談も受け付けているので
実際に薄毛治療を受けている時は遠慮する事なく相談してみましょう。

関連記事

    None Found